子供と田舎暮らし

子供との移動に便利!電動アシスト自転車

メニュー

便利な電動アシスト自転車

田舎で不便なのは交通。
車で移動というのは当たり前な話だけど、いつもいつも使えるとは限らないし、車で移動する程でも無いという場合は自転車で移動しましょう。

子供と一緒に風を感じられるし、季節の移り変わりを一緒に感じられるのもいい。

そこで便利なのは電動アシスト自転車。

2008年の法律の改正で、10㎞/h以下のアシスト量がそれまでの2倍になった。この事でより扱いやすくなって今では原動機付き自転車(原付)より年間の販売台数が多くなっています。

電動アシスト自転車のアシスト

2008年より

スポンサーサイド

進化したバッテリーが継ぎ足し充電を可能に

また電動アシスト自転車は当初、重くて継ぎ足し充電を行うと容量が減っていく(メモリー効果)扱いにくいバッテリーが使われていました。

しかしその後容量が大きく軽いニッケル水素電池に進化。

現在はより繰り返し充電が可能なで軽量、なおかつメモリー効果の無い、リチウムイオン電離が使われています。

それまでの電池では禁物であった継ぎ足し充電が出来るようになりました。これは、毎日走行距離が違う電動アシスト自転車には非常に便利で、効率よく高性能な状態を維持できます。500〜900回放電、充電を繰り返せると言われています。

このリチウムイオン電池は携帯電話やパソコンに使われている電池で非常に高価なのが欠点。

値段も高いので、普段の使い状況に合わせたバッテリーのサイズを選びましょう。LEDライトも場合により使うので、ぎりぎりより少し大きめの容量を持ったバッテリーサイズが便利です。

 

食品表示のトリック

 

20.30代からの田舎暮らしオーガニックとは?有機栽培とは?冷凍パンとは?冷凍パン生地とは?耳かきの選び方